menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  2. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  3. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  4. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  5. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  6. ホープフルステークス2016 予想
  7. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. 府中牝馬ステークス2016 予想
  10. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定
  2. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  6. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  7. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ユニコーンステークス2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京メインレースはユニコーンステークス2016
 
 
3歳馬限定戦となるダート重賞のユニコーンステークス
今年のこの路線の3歳馬と言えばアメリカ3冠にチャレンジしたラニが代表的な馬ですが
ここにも素質あふれる馬が大挙登録しておりなかなかレベルの高い戦いになりそうな予感
 
今年のユニコーンステークス出走予定馬は25頭
 
ゴールドドリーム、グレンツェント、ストロングバローズ、ダノンフェイス
この4頭が既に出走確定しており、残り21頭で12頭の枠を巡って抽選という事になりそうです
 

ユニコーンステークス2016の出走予定馬と血統表

 
ユニコーンステークス2016出走予定馬
 

ユニコーンステークスの血統傾向

 
父サンデー系母父サンデー系の好走率が高い傾向
つまりダート戦ではあるものの父か母父にサンデーの血を持つ馬がベター
 
さらに父だと米国型ノーザンダンサー系種牡馬母父ならミスプロ系
 
あとは母方にノーザンダンサーの血(パワー型&欧州型)を持つ馬もよく馬券になっております
 

ユニコーンステークス2016有力馬の考察

 
ストロングバローズはサンデーの血を一滴も持たない馬
父Mineshaftはエーピーインディ系
3年前の勝ち馬ベストウォーリアが父エーピーインディ系(Majestic Warrior)でしたし
母父Street Cryはミスプロ系なんでサンデーの血を持ってませんが悪くはなさそう
 
アルーアキャロルの父ゴールドアリュールはサンデー系で2年前の勝ち馬レッドアルヴィスと同じ
そしてゴールドドリームの父もゴールドアリュール
14年以降東京ダート1600mでゴールドアリュール産駒は26勝とかなりの数字
どっちかと言えば
母父が米国型ノーザンダンサー系のフレンチデピュティのゴールドドリームに惹かれます
 

ユニコーンステークス2016出走予定馬で気になる馬

 
イーグルフェザー
エキドナ
クインズサターン
グレンツェント
ゴールドドリーム
ストロングバローズ
ダノンフェイス
デピュティプライム
ピットボス
ピュアコンチェルト
 
この10頭の中で最も注目してるのがグレンツェントで次点がゴールドドリーム
 
グレンツェントの父はネオユニヴァースなんでサンデー系
母父Kingmamboはミスプロ系と血統的には傾向に合うイメージ
4代母ではあるもののこのレースと相性良いLyphardの血を持ってるというのも魅力
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京大賞典2016 予想

  2. 弥生賞2016 予想

  3. 京都2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  4. オークス2016 出走予定馬と展望

  5. 皐月賞2016 出走予定馬と展望

  6. ジャパンカップ2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. チャンピオンズカップ2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る