menu
閉じる
  1. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  2. 京都大賞典2016 予想
  3. エプソムカップ2016 予想
  4. 有馬記念2015 予想
  5. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  6. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  9. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  10. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
閉じる
閉じる
  1. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典2017 予想
  3. フェブラリーステークス2017 予想
  4. 京都牝馬ステークス2017 予想
  5. ダイヤモンドステークス2017 予想
  6. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  7. ダイヤモンドステークス2017 出走予定馬と展望
  8. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 京都記念2017 予想
  10. 共同通信杯2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ユニコーンステークス2016 予想

 
6月19日(日)東京競馬場ダート1600mで行われるユニコーンステークス2016の予想です
 
 
今年のユニコーンステークスは3強戦の様相かと思えるような単勝オッズの売れ方
その3強というのがゴールドドリーム、ストロングバローズ、グレンツェント
3頭いずれもOPレースを勝ってるのでこの売れ方も当然なのかも!?
 
個人的にはある程度堅く収まるという読みなんですが果たして?
 
そんなユニコーンステークスの発走時刻は15:45になっております
 

ユニコーンステークス2016の見解

 
パッと見で出走馬を眺めるとサンデー系種牡馬VSエーピーインディ系種牡馬の構図
 
エーピーインディ系種牡馬の出走自体ユニコーンステークスでは少ないので何とも言えないんですが
サンデー系種牡馬に関しては過去5年で【3.3.2.16】複勝率33.3%なんでそこそこ信頼出来そう
 
その中でもサンデー系種牡馬の上位人気馬(1番人気~3番人気)の成績が抜群でして
東京1600mの舞台になった01年以降
このパターン馬の成績が【6.3.3.0】複勝率100%でパーフェクト
 
まあ無難にこのパターンに当てはまる馬からいこうかと思います
 

ユニコーンステークス2016の予想

 
◎はゴールドドリームにしました
父ゴールドアリュールがサンデー系種牡馬で現在1番人気
14年以降東京ダート1600mでゴールドアリュール産駒は26勝とかなりの数字
母父フレンチデピュティは米国型ノーザンダンサー系になりますが
このレースでも相性良い血の一つになります
短縮臨戦の複勝率が同距離・延長に比べるとやや高い傾向がある中で
この馬は短縮臨戦というのも魅力
 
○はダノンフェイス
キングカメハメハ産駒はあまりこのレースとの相性は良い方ではないんですが
東京ダート1600mの数字は悪くなし
母父アグネスタキオンはサンデー系でこの母父サンデー系というのも同レースの成績上々
母アイアムカミノマゴの全妹にこのレース勝ち馬アイアムアクトレスが居るのも評価を高くした一つ
 
▲はグレンツェント
父ネオユニヴァースがサンデー系種牡馬で現在3番人気
母父ミスプロ系も相性良い傾向がある中で母父Kingmamboはミスプロ系
4代母ではあるもののこのレースと相性良いLyphardの血を持ってるというのも魅力
 

ユニコーンステークス2016の予想印と買い目

 
ゴールドドリーム
○ダノンフェイス
▲グレンツェント
×ヴェゼール
×イーグルフェザー
×クインズサターン
×ストロングバローズ
 
買い目は
◎ー○の馬連・ワイド
◎○▲の3連複
◎ー○▲ー××××の3連複(470円的中)
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アルゼンチン共和国杯2016 予想

  2. スプリンターズステークス2016 出走予定馬と展望

  3. 日本ダービー2016 予想

  4. 天皇賞春2016 予想

  5. スプリングステークス2016 予想

  6. 大阪スポーツ杯2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る