menu
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  2. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  3. ホープフルステークス2016 予想
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  6. 府中牝馬ステークス2016 予想
  7. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  8. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
閉じる
閉じる
  1. オールカマー 2017 予想
  2. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  3. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  4. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  5. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  6. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  7. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  8. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  9. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
  10. 【重馬場対応】馬場悪化可能性大の3日間開催で役に立つかもしれない血統デ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

浦和記念2016 予想

 
11月22日(火)浦和競馬場ダート2000mで行われる浦和記念2016の予想です
 
 
浦和記念はどうしても同時期にチャンピオンズカップがあるので一線級の参戦は少な目
そんな事もあってか
浦和記念は過去2年ハッピースプリントにサミットストーンと地方所属馬が勝利中
でも古くはヴァーミリアンとスマートファルコンが3歳でこのレースを勝ち後の飛躍に繋げました
 
今年は3歳馬ケイティブレイブが注目になりそう
グレンツェント・ゴールドドリームといったしのぎを削ってきた同じ3歳馬が古馬重賞でも通用
この馬は既に古馬に勝ってるので(白山大賞典)ここは単なる通過点か!?
 
そんな浦和記念2016の発走時刻は15:25になっております
 

浦和記念2016の見解

 
父がヘイロー系種牡馬であるサミットストーンが2年連続好走中
一昨年はミスプロ系種牡馬が2・3着だったようにパワー型種牡馬優勢
 
父か母父ミスプロ系の馬がよく馬券になってるのも特徴
 
あとは母方に欧州ノーザンダンサー系の血を持つ馬にも注目でしょうか
(過去3年3着内馬9頭中6頭が該当しておりました)
 

浦和記念2016の予想

 
◎はケイティブレイブにしました
父アドマイヤマックスはサンデー系種牡馬になるんですが
昨年は父アッミラーレがサンデー系種牡馬のハッピースプリントが勝っております
そして母母父Be My Guestが欧州ノーザンダンサー系
ここはさほど強い馬も居ませんし人気でも55㎏も有利だと思えるので無難に
 
○クリソライトは母父エルコンドルパサーがミスプロ系
前走G1(JBCクラシック)からのダウン戦になりますが
今年のコリアCとダイオライト記念が同じ前走G1からのダウン戦に反応し1着
よってここも同じように反応してくれないかと
 
▲はメイショウヒコボシ
父メイショウボーラーがヘイロー系でパワー型種牡馬
サミットストーンと同じ父系なんでね
 

浦和記念2016の予想印と買い目

 
ケイティブレイブ
○クリソライト
△メイショウヒコボシ
×ハッピースプリント
×ストロングサウザー
 
買い目は
◎→○の馬単(490円的中)
◎ー○△ー△××の3連複(1,220円的中)
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ホープフルステークス2016 予想

  2. フェブラリーステークス2016 予想

  3. 東京スポーツ杯2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  4. JBCレディスクラシック2016 予想

  5. 天皇賞春2016の血統評価(後編)

  6. CBC賞2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る