menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. 京都大賞典2016 予想
  7. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  8. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  9. チャンピオンズカップ2016 予想
  10. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. お知らせです
  2. エルムステークス 2018 予想 本命はリッカルド
  3. 関屋記念 2018 予想 本命はベルキャニオン
  4. レパードステークス 2018 予想 本命はヒラボクラターシュ
  5. 小倉記念 2018 予想 本命はサトノクロニクル
  6. クイーンステークス 2018 予想 本命はエテルナミノル
  7. アイビスサマーダッシュ 2018 予想 本命はラインスピリット
  8. アイビスサマーダッシュ2018 出走予定馬と展望
  9. 【重賞結果】中京記念2018&函館2歳ステークス2018
  10. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ヴィクトリアマイル2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京競馬メインレースはヴィクトリアマイル2018

ヴィクトリアマイルは芝1600mで行われる古馬牝馬限定のレースでありまして
その名の通り春の牝馬マイル王決定戦という位置付け
早いもので今年で第12回を迎える事になりました

過去5年の勝ち馬の顔触れは
ヴィルシーナ、ヴィルシーナ、ストレイトガール、ストレイトガール、アドマイヤリード
あの強い強いウオッカにブエナビスタも連覇達成は出来なかったですが連覇→連覇の流れに
今年はアドマイヤリードがその流れ=連覇に挑戦致します

挑戦と言うなら1番人気が予想されるリスグラシュー
この馬は2.3歳時にあと一歩届かなかったG1獲りを目指す一戦になりそう

そして昨年も大荒れになりましたが結構荒れる事があるのもこのレースの特徴ではあり
15年は最低人気だったミナレットが3着に入り2着も12番人気が入って
3連複280万3連単2000万というとてつもない大波乱決着に
(断然人気のヌーヴォレコルトが沈みました)
これ以前でも単勝オッズ2ケタ人気馬の食い込みが見られるレースだけに幅広い取捨選択が必要に
 
アドマイヤリード、リスグラシュー以外の主な出走予定馬は
アエロリット、ミスパンテール、レッツゴードンキ、ソウルスターリング、カワキタエンカ等

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて先週のNHKマイルカップはホームラン狙いで◎リョーノテソーロも見事に空振り三振(笑)
しかしG1以外の2重賞は弾き切れなかったものの的中
(京都新聞杯は◎ステイフーリッシュの単、新潟大賞典は◎ステイインシアトルからのワイド)
ただせっかく人気薄◎が来てるだけにもっと回収しておきたかったですね
まだまだ甘いんですが・・買い方も試行錯誤していくべきかもしれません
リズムは悪くないと思うんで今週の2重賞も頑張りたいと思います!


 

出走予定馬と血統表

 

これがヴィクトリアマイル2018出走予定馬18頭の3代血統表(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるヴィクトリアマイル1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 

そしてこれを見て欲しいんですが
昨年は重→稍重へと変化する馬場で行われた影響もあってか
明らかに例年よりは時計一つ掛かってました
つまり昨年の結果はあまり参考にしないスタンスで挑もうかと
ステイゴールド→メイショウサムソン→母父エリシオという決着で
サンデーのスタミナ型や欧州ノーザンダンサーの血が前面に出た馬で上位独占になりましたから
 
 
父系はあまり偏った特徴はないように思うんですが・・
取り敢えず人気以上に走って馬券になってる父を持つ馬には目を向けておいた方がいいかも?

16年7番人気1着 ストレイトガール(母方タイキシャトル×ダンチヒ系)
15年12番人気2着 ケイアイエレガント(母父エーピーインディ)
15年18番人気3着 ミナレット(母父ウォーニング)

これは15年と16年に人気より着順が上だった馬なんですが
高速決着の影響からかやはり母方がスピード持続力に長けてる印象がありますね
ウォーニングに関しては欧州血統ではあるんですが
サニングデールとカルストンライトオというスプリントG1馬を日本で出してるのもミソ

さらに東京G1で活躍傾向のあるHaloクロスを持つ馬も要注意
連覇したストレイトガールとヴィルシーナがこれに該当
東京=速い脚が要求されやすいのでサンデーの父でもあるHaloの血が活きやすいのかも

あとはロベルトやニジンスキーの血を母方に持ってる馬も活躍が非常に目立ってます
 

カワキタエンカが走ったレースの血統傾向

 
今回ポイントになると思ってるのがカワキタエンカの出走ですね
人気を背負う馬ではないにせよ十中八九この馬が逃げると思われます
そこでこの馬が走った近走のレース結果は見ておいたほうがいいかなと
何かそこに血統的特徴があったりするかもしれないので
 
 
18福島牝馬S

18中山牝馬S

18洛陽S

17秋華賞

17ローズS

これらがカワキタエンカが逃げた直近5レースにおける1~3着馬の父
 
サンデー系種牡馬は圧倒的に分が悪くて非サンデー系種牡馬特にノーザンダンサー系種牡馬
こんな馬を相手に連れてくるという特徴が見つかりました

中山牝馬S、洛陽S、秋華賞は湿った馬場ですがな・・と言われたらそれまでではあるんですが
(ローズSも当日は稍重→良)

つまりサンデー=斬れを誘発しにくい逃げ方と考えてみるのも面白いかも!?
 

現時点で注目してる馬は?

 
現時点では2頭の一騎討ちが濃厚なのではないかな?という考えであるんですが
 
 
最も注目してる馬は→リスグラシュー

父はこのレースの実績こそありませんが東京G1では期待出来る種牡馬
母方が欧州志向に寄り過ぎてるのは気にはなるんですが。。
それでもカワキタエンカが逃げる競馬は絶対向くはず
一度だけ走った東京G1では結果が出なかったですがこれは前走頑張った後でのもの
ここまでは基本的に前哨戦で程よく負けてアップで走ってくるという成績
ですから前走程よく負けたっていうのはここで走る為には最高の負け方だったでしょう
逆にここで走って安田記念に参戦するなら危ない気はしますね(気が早いですが)
 
 
あと血統的にかなり面白そうな馬は居るんですが
そのあたりは後日更新予定の血統評価で触れてみたいなと思います
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 函館記念2018 出走予定馬と展望

  2. NHKマイルカップ2018 出走予定馬と展望

  3. 日本ダービー2018 出走予定馬と展望

  4. ユニコーンステークス2018 出走予定馬と展望

  5. 日経新春杯 2018 予想

  6. 青葉賞 2018 予想 人気薄ノストラダムスに賭けます

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る