menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  2. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  3. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  6. チャンピオンズカップ2016 予想
  7. 秋華賞2016 予想
  8. 有馬記念2015 予想
  9. 府中牝馬ステークス2016 予想
  10. エプソムカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 帝王賞2017 予想
  2. ラジオNIKKEI賞2017 出走予定馬と展望
  3. 宝塚記念2017 予想
  4. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  5. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2017 予想
  7. ユニコーンステークス2017 予想
  8. 天保山ステークス2017 予想
  9. ジューンステークス2017 予想
  10. エプソムカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

安田記念2017 血統データ ディープ産駒より非サンデー系種牡馬を買うぞキャンペーン

 
今週は上半期のマイル王を決める安田記念2017が組まれてますが
実は私、恥ずかしながら未だこの安田記念を的中した事がありません(笑)
 
という訳で・・あまりこねくり回しても意味がないとも言えるんですが
一つどうしても気になる傾向を見つけたのでそれを紹介がてらに披露しようかと
 
当てにしたらあきまへんで~
 

ディープインパクト産駒12年以降の芝G1成績

 

 
過去5年ベースという事で12年以降で抽出してますので
レースによっては過去6年になってるレースもあり(高松宮記念~ダービーまでの上半期)
 
想像として「安田記念でディープインパクトってあまり走ってへんよなあ??」というのがあり
数字を出してみたらまさに想像以上!
どのG1レースよりも3部門の数字がとてつもなく悪くなっております
 
つまりこのレースはディープ産駒の斬れというのが非常に通用し辛い舞台なのではないかと
 
11年に勝ったリアルインパクトを含め安田記念で馬券になったディープインパクト産駒は4頭
ヴァンセンヌは3走前1600万条件で初G1、リアルインパクトは古馬初G1
過去このレースで連対したディープインパクト産駒2頭はここに対して鮮度はあった感
逆に鮮度が薄かったフィエロとダノンシャークも走ってますが3着まで
ここからすればもしディープインパクト産駒に◎を打つなら何かしらの鮮度ある馬が良さそう
 

ディープインパクト産駒の年度別芝重賞成績

 

 
そしてこのデータはディープ産駒の芝重賞年度別成績
2017年=今年に関しては先週の日本ダービーまでをカウントしております
 
2010年からデビューしたのでこの年は2歳馬のみで2011年も2.3歳馬のみの成績
実質的に駒が揃ってきたのが2012年からだとすれば・・
それ以降で今年は3部門の成績が最も悪い年になってるんです!
 
これを細かく見ていくと
 
古馬(4歳以上)【2.5.8.52】 勝率3.0% 連対率10.4% 複勝率22.4%
3歳【5.2.4.24】 勝率14.3% 連対率20.0% 複勝率31.4%
 
まだ3歳馬は頑張ってますが足を引っ張ってるのは完全に古馬で勝率・連対率は酷し
 
この数字を見てしまった以上
安田記念はおろか今後の古馬重賞でディープインパクト産駒に◎を打つのは
2走前条件戦で初古馬重賞だった目黒記念3着ハッピーモーメント
初重賞の阪神牝馬S3着の後に初G1ヴィクトリアマイル3着だったジュールポレール
こんな鮮度の高い馬以外は当面控えようと心に誓いました
 

安田記念で買えるディープインパクト産駒はいるの?

 
アンビシャスステファノスは一応マイルG1初挑戦
 
それよりも目が行くのはグレーターロンドンでしょう!
2走前条件戦で初重賞で初G1とまあ鮮度は抜群
母は快速で鳴らしたロンドンブリッジで半姉にはオークス馬ダイワエルシエーロとなかなかの良血
 

浮上する種牡馬はズバリ○○系種牡馬

 
ディープ特有の斬れが通用し辛い舞台に加えて今年の古馬ディープの不振っぷり
ここからすれば狙いは別のところに求めたくはなりますよね
 
という事で狙いはずばり非サンデー系種牡馬でしょう
ディープインパクトはサンデー系種牡馬であるのでまさに対をなす種牡馬になります
斬れ=瞬発力では劣るもののスピードやパワーやスタミナが秀でてるのが非サンデー系種牡馬
 
実際に安田記念での非サンデー系種牡馬の成績は(過去5年)
 
【4.3.1.21】 勝率13.8% 連対率24.1% 複勝率27.6%
 
え!?そんなに大した事ないんちゃうの?とお思いでしょうが・・・
 
NHKマイルC【2.5.2.45】
桜花賞【1.0.3.39】
ヴィクトリアM【1.3.1.36】
阪神JF【2.2.0.32】
マイルCS【1.1.0.24】
朝日杯FS【1.1.2.18】
 
安田記念と同じマイルG1の非サンデー系種牡馬の成績と比較すれば
いかにこの数字が優秀であるかがお分かりになるかと
数あるG1の中でもこの安田記念は積極的に非サンデー系種牡馬を買える舞台であるんです!
 

安田記念2017出走馬で非サンデー系種牡馬は!?

 
エアスピネル
コンテントメント
トーキングドラム
ビューティーオンリー
ブラックスピネル
ヤングマンパワー
レッドファルクス
ロゴタイプ
ロンギングダンサー
 
この9頭が非サンデー系種牡馬を持つ馬で出走馬18頭のちょうど半分
ここに正解がきっと隠れていると信じて(笑)
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 鳴尾記念2017 出走予定馬と展望

  2. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 出走予定馬と展望

  3. マイラーズカップ2017 予想

  4. 京都記念2017 出走予定馬と展望

  5. きさらぎ賞2017 予想

  6. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る