menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  4. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. チャンピオンズカップ2016 予想
  7. エプソムカップ2016 予想
  8. 京都大賞典2016 予想
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
閉じる
閉じる
  1. 帝王賞2017 予想
  2. ラジオNIKKEI賞2017 出走予定馬と展望
  3. 宝塚記念2017 予想
  4. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  5. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2017 予想
  7. ユニコーンステークス2017 予想
  8. 天保山ステークス2017 予想
  9. ジューンステークス2017 予想
  10. エプソムカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

安田記念2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京メインレースは安田記念2017
 
 
安田記念は芝1600mで行われるG1レースでありまして
6週続いた東京競馬場でのG1シリーズのいよいよ最終戦となります
上半期のマイル王決定戦という位置付けられているレース
 
過去10年の勝ち馬の顔触れは
ロゴタイプ、モーリス、ジャスタウェイ、ロードカナロア、ストロングリターン
リアルインパクト、ショウワモダン、ウオッカ、ウオッカ、ダイワメジャー
これはなかなか錚々たる馬達の集まりになってますね
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【3.1.0.1】でなかなかの優秀さ
しかし昨年は8番人気のロゴタイプが勝利し
12年~15年は必ず2ケタ人気馬が馬券になっており人気薄もチャンスがある傾向
 
まず今年の注目馬は連覇を狙ってきたロゴタイプ
ウオッカ以来の連覇達成なるかどうか?
 
そして皐月賞以来のG1制覇を狙うのがイスラボニータ
馬ももちろんですが人=ルメールも4週連続G1制覇という記録がかかっており注目
 
悲願のG1勝ちを目指すエアスピネルにも注目ですね
 
他にはレッドファルクス、ステファノス、サトノアラジン、香港馬2頭等が登録
 

出走予定馬と血統表

 

 
安田記念2017出走予定馬は20頭
 
ダッシングブレイズ、ロンギングダンサーの2頭が除外対象になっております
 

レースの血統傾向

 
このレースの最大のポイントは全G1レースの中で
ディープインパクト産駒の好走率が最も低く非サンデー系種牡馬の好走率が最も高いレースという点
 
ディープインパクト産駒に関しては過去5年で【0.1.2.20】
非サンデー系種牡馬に関しては過去5年で【4.3.1.21】
これは数あるG1レースの中でもなかなかお目にかかれない数字なんですよね
 
あとは欧州ノーザンダンサーのクロス持ちの馬や
 
ダンチヒ、ノーザンテースト、テスコボーイ、ボールドルーラーといった
スピードに長けた血を持つ馬の好走が非常に目立つレースでもあり
 

有力馬の考察

 
イスラボニータの父はフジキセキ
自身も昨年は5着でしたが過去5年のフジキセキ産駒は【0.0.0.5】それ以前でも好走馬は無し
サンデー系でもダンスインザダークやハーツクライにマンハッタンカフェといった
やや長めの距離で活躍傾向があるサンデー系が来るレースなのでややフジキセキはズレる感
Cozzene×Crafty Prospectorの母方はスピード特化した配合
前走マイラーズカップ組は過去5年で【0.0.4.17】と鬼門のローテーションですがいかに?
 
エアスピネルはキングカメハメハ産駒で非サンデー系種牡馬
過去キングカメハメハ産駒はロードカナロアとコスモセンサーが馬券に
人気馬と人気薄が走れてるのでまあここへの適性は悪くなさそう
サンデーサイレンス~ノーザンテースト~Well Decoratedと重ねられた母方はスピード特化した配合
この馬も前走マイラーズカップ組ですが
まだ1番人気2着の分だけ疲労という意味ではイスラボニータよりましか?
 
ステファノスの父はディープインパクト
ヴァンセンヌは3走前1600万条件で初G1、リアルインパクトは古馬初G1
過去このレースで連対したディープインパクト産駒はここに対して鮮度はあった感
鮮度が薄かったフィエロとダノンシャークも走ってますが3着まで
そういった観点からすればステファノスは鮮度が薄いほうのディープか
クロフネ~Seeking the Gold~Chief’s Crownの母方はスピード特化されてるとは思いますが
 
グレーターロンドンの父もステファノスと同じディープインパクト
この馬は2走前1600万でG1はおろか重賞自体も初挑戦と鮮度抜群のディープインパクト
母父ドクターデヴィアスは欧州血統ですが母母父が好走血統であるダンチヒ
 

出走予定馬で気になる馬

 
エアスピネル
グレーターロンドン
コンテントメント
デンコウアンジュ
ビューティーオンリー
ブラックスピネル
ヤングマンパワー
レッドファルクス
ロゴタイプ
ロジチャリス
 
この10頭の中で最も注目してるのがブラックスピネル
 
父はタニノギムレットで過去安田記念ではウオッカとスマイルジャックが好走
非サンデー系種牡馬のロベルト系でこのロベルト系種牡馬もレースとの相性は良い方の部類
母父アグネスデジタルは安田記念勝ち馬でダンチヒ(Chief’s Crown)内包種牡馬
近親にはクリソライト、マリアライト、アロンダイト、リアファル、ダンビュライトとG1一族
しかもダンビュライト以外の4頭は初G1挑戦で馬券になっており
今回ブラックスピネルは前走マイラーズカップ組ではあるもののG1初挑戦で期待は出来そう
 
先行予想(印)としてはこんな感じ
 

 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京新聞杯2017 出走予定馬と展望

  2. アメリカジョッキークラブカップ2017 出走予定馬と展望

  3. マイラーズカップ2017 予想

  4. 毎日杯2017 出走予定馬と展望

  5. かきつばた記念2017 予想

  6. 京都新聞杯2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る