menu
閉じる
  1. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  7. 有馬記念2015 予想
  8. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  9. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  10. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
閉じる
閉じる
  1. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  2. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  3. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  4. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  5. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  6. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  7. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  9. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
  10. 京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想 本命はゴールドサーベラス…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

安田記念 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編

 
今週のG1レースは東京競馬場芝1600mで行われる安田記念2018
上半期のマイル王決定戦となるレースそして5週連続東京G1の最後の一戦となります
ここではそんな安田記念出走馬1頭1頭の血統評価(短評とも言う)
これを馬番順にしていこうかと思います

※もし気付いた事があれば随時更新していく予定です
 

まずは過去の安田記念から見えてきたポイント

 

これは過去10年における安田記念1~3着馬の父と母父が分かるもの
(直近だと14年が不良馬場だったのでこれは参考外で)
 
 
17年7番人気1着 サトノアラジン(母父)
17年8番人気2着 ロゴタイプ(父)
16年6番人気3着 フィエロ(母父)
15年12番人気3着 クラレント(母父)
13年3番人気2着 ショウナンマイティ(母父)
13年12番人気3着 ダノンシャーク(母父)

人気より着順が上だった馬の特徴はと言うと(過去5年)
父か母父がノーザンダンサー系つまりノーザンダンサーの血が前面に出た馬が好相性
(15年3番人気2着ヴァンセンヌのみ該当せず)
血統的にあまり偏りが見られない中で最もこれが偏りがあると言っていい傾向

サトノアラジン(前走1番人気9着)
フィエロ(前走1番人気4着)
ヴァンセンヌ(前走2番人気2着)
ダノンシャーク(前走3番人気3着)

上で挙げた馬の内4頭がディープインパクト産駒
そしていずれもが前走で頑張り過ぎてないというのもポイントになるかもしれません
 

マイルG1数あれど安田記念は非サンデー系種牡馬が最も狙えるレース

 
昨年の2.3着馬そして一昨年はワンツーフィニッシュ
このレースで頑張りが目立つのは非サンデー系種牡馬

サンデー系種牡馬には斬れ=瞬発力では劣るものの
スピードやパワーやスタミナが秀でてるのが非サンデー系種牡馬
 
 
実際に安田記念での非サンデー系種牡馬の成績は(過去5年)
【3.3.1.20】 勝率11.1% 連対率22.2% 複勝率25.9%

え!?そんなに大した事ないんちゃうの?とお思いでしょうが・・・
安田記念と同じマイルG1の非サンデー系種牡馬と比較してみると

NHKマイルC【2.3.3.37】 勝率4.4% 連対率11.1% 複勝率17.8%
桜花賞【2.0.3.31】 勝率5.6% 連対率5.6% 複勝率13.9%
ヴィクトリアM【0.2.0.25】 勝率0% 連対率7.4% 複勝率7.4%
阪神JF【1.2.0.33】 勝率2.8% 連対率8.3% 複勝率8.3%
マイルCS【2.1.0.21】 勝率8.3% 連対率12.5% 複勝率12.5%
朝日杯FS【1.2.3.27】 勝率3.0% 連対率9.1% 複勝率18.2%

明らかにマイルG1の中では突出して良い成績であるという事が分かりますね

安田記念に関しては
ロゴタイプ
レッドファルクス
モーリス(16年)
グランプリボス
ロードカナロア

G1勝ち馬ばかり馬券になってるというのも大きな特徴(過去5年では15年モーリスのみ非該当)

とりえあず非サンデー系種牡馬に関しては
普段のレースよりは走れそうであるのとG1勝ち馬に注目
とだけでも頭の片隅に記憶させておいてもよさそう
 

今年の出走馬の血統分析

スワーヴリチャード

父はハーツクライでトニービン内包のサンデー系種牡馬
母方の血統はUnbridled’s SongにGeneral Meeting
ミスプロにボールドルーラーでスピード特化配合で米国型でパワーもあり
血統的にここにはあまり合ってるとは思いませんが実力そして人気もNO.1
馬のタイミングを見計るしかないんでしょうが・・
まず基本的にはハーツクライ産駒は短縮臨戦を苦手とする傾向
近2走が外枠から前半はゆったりとした競馬
アルゼンチン共和国杯では内から抜けてきて勝ってはいますがこれは2500m戦
やはり1600mとなると前半のペースが違うので忙しくは感じる筈
そこで仮に内枠にでも入ったら危うい感じはするんですよね
(と思ってたら・・1枠1番に入りました)

ただこの馬は気性的に短縮は全く問題なさそうには思えるのも厄介ではあり
 

サトノアレス

前走京王杯SC2番人気3着で前走頑張り過ぎてないディープインパクト産駒
Danehill×Artichokeの母方はスピード特化配合
母父Danehillがダンチヒ系でノーザンダンサー系
さほど強いとは思わないものの人気以上に走る条件が整った血統構成馬
G1勝ち馬でありますが2歳G1(朝日杯FS)ですしね・・
G1はその朝日杯FS以来なんで鮮度的にはこのメンバーの中でもある方の部類
道悪だった富士Sと函館記念以外は全て上がり3位以内でディープらしい末脚が持ち味
 

ダッシングブレイズ

父Kitten’s Joyはサドラーズウェルズ系で欧州ノーザンダンサーの非サンデー系種牡馬
Honour and Glory×Miswakiの母方はスピード寄りの配合
血統バランスはいいと思いますし5走前→4走前の流れはかなり評価してます
しかしG1となると近走からしても敷居が高そう
 

アエロリット

父クロフネがヴァイスリージェント系で米国型ノーザンダンサー系
非サンデー系種牡馬でG1勝ち馬(NHKマイルカップ)
前走ヴィクトリアマイル含めた3度のG1凡走は前走で人気より着順が上で連対からの臨戦
そういった意味では今回頑張らなかった後という臨戦はいいのかもしれない
そしてその3度の凡走は全て湿った馬場でのもの
母父がサンデー系でもパワー有るネオユニヴァースにクロフネ
パワー配合っぽいなら走っていいとも言えるんでしょうが・・
結局のところ近親であるミッキーアイルやラッキーライラック
加えて父クロフネが前面に出てて良のスピード勝負向きならば凡走の言い訳は成り立つ
母父ネオユニヴァースは先週コズミックフォースが同じ母父で3着に激走
先週同様に内が強い高速馬場ならば期待出来そうではあり
 

ペルシアンナイト

父ハービンジャーはダンチヒ系でも代を経ての欧州ノーザンダンサー系
非サンデー系種牡馬でG1勝ち馬(マイルCS)
ハービンジャー産駒の芝重賞ですが牡馬に関してだけなら間隔を開けての臨戦がベスト
ですから前走大阪杯から間隔を開けたのは良いでしょうね
それは良いんですが今回は大阪杯から短縮臨戦でこれがハービンジャーが苦手とする臨戦
あまり前走から忙しく感じる競馬は産駒的に不向きなのかもしれない
ましてC質ありのハービンジャーと捉えればその大阪杯がTHEタイミングであって
ダウンと少頭数で外を回した中山記念から距離延長でアップ戦で内で我慢して2着
短縮で位置取りが後ろになって外枠にでも入ったら間に合わない気がするんですが・・
(また内枠のいい所に入りましたね)
 

レーヌミノル

父ダイワメジャーはサンデー系種牡馬
サンデー系でもスピード型の部類に入ってくるでしょうが当レースでは【0.0.0.9】
タイキシャトル×ロイヤルスキー×テスコボーイの母方はスピード特化配合
昨年マイルCS4着の内容の濃さと延長臨戦で差しから前へ行く位置取りを期待した前走
その通り前に行って馬場も稍重になったものの見所無し
血統的にも特に傾向から後押しも得られなさそうだけに厳しいか
 

ウエスタンエクスプレス

父Encosta De Lagoはフェアリーキングの系統で欧州ノーザンダンサー系種牡馬
主な産駒には同レースに出走するキャンベルジュニア
そしてスプリンターズS勝ち馬であるウルトラファンタジー
こう考えると日本適性というのはあると言ってもいいでしょうか
母父Maraudingもキャンベルジュニアの母母父と同じですから尚更
17年香港マイル、18年チャンピオンズマイル
G1共に2着もいずれもがG2からのアップ戦でのもの
2走前も3走前からアップ戦で頭数増えて内から間を割っての2着
この内容だけなら強い相手や厳しい競馬のほうがやれるタイプなのかもしれない
どうせ外国馬という事で人気はないでしょうから端っこに押さえておいてもいい馬
 

キャンベルジュニア

父Encosta De Lagoはフェアリーキングの系統で欧州ノーザンダンサー系種牡馬
同レースに出走するウエスタンエクスプレスと同じ父
母父Redoute’s Choiceはダンチヒ系なんでノーザンダンサー系配合
ちなみに母母父Maraudingはウエスタンエクスプレスの母父でもあり
前走京王杯SCで人気以上に着順が良かった馬はここでは苦戦傾向
しかも2走前も重賞で激走してるだけに臨戦的には辛そう
 

レッドファルクス

父スウェプトオーヴァーボードはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
非サンデー系種牡馬でG1勝ち馬(高松宮記念)
サンデー×Affirmedの母方を加味すれば米国型が強めのスピード特化配合
今年に入ってからの過去2戦は付いていけてないという事はないものの
これまでよりは位置取りが後ろになってますね(共に上がり1位)
そう考えると前走1200mからの延長臨戦は良いのかもしれない
前走高松宮記念はデムーロにしては珍しく直線で右往左往してましたし
しかし昨年3着時よりリズムが悪いのも事実であり
鞍上も先週のダービーで物凄くガッカリさせられた騎手に乗り替わりで・・
 

モズアスコット

父Frankelはサドラーズウェルズ系で欧州ノーザンダンサーの非サンデー系種牡馬
Hennessy×Miswakiの母方はスピード配合で全体的にはバランス取れた血統構成馬
その母父Hennessyはノーザンダンサー系であるのでノーザンダンサー系配合馬でもあり
連闘でここへ向かうというのは安土城Sを使ってる時点で計算済のはず
そこで勝てなかったのは誤算だったでしょうが・・
血統的には激走があってもおかしくはないので初G1と異端臨戦でどこまで
 

リアルスティール

前走ドバイターフ1番人気3着で前走頑張り過ぎてないディープインパクト産駒
Storm Cat×Mr. Prospectorの母方は米国配合でスピード特化なされていて
母父Storm Catがノーザンダンサー系
そしてキングカメハメハの母で欧州名マイラーだったMiesqueを3代母に持つ
基本的にディープインパクト×Storm Catの配合馬は
古馬になるにつれ1400m~1800mに良績が集中し短縮臨戦も悪くない
そして17年毎日王冠後の秋天、16年秋天後のジャパンC、この内容が共に評価出来るかと
ディープインパクト×Storm Catは間隔を詰めた臨戦の際の延長臨戦の成績が芳しくない
そんなデータがある中でのものでしたからね
17年中山記念8着が説明し辛いけどこれは前年の秋天→JCの蓄積疲労で片付けれない?
そしたら近走安定してるどころか負けてても力は見せてるとは思いますし
まだマイルも2戦目なんで
 

ヒーズインラブ

父ハービンジャーはダンチヒ系でも代を経ての欧州ノーザンダンサー系
前走こそ詰まった間隔で重賞を勝ちましたが
総体的にハービンジャー牡馬は間隔を開けての臨戦が重賞では好走例が多し
今回前走ダービー卿CTから間隔を開けての臨戦は好感
1000万→1600万、1600万→重賞
アップ戦で連勝してきてるのと馬込みで辛抱出来る馬でもあるので
案外初G1となるここでも期待したくはなります
Include×Robyn Dancerの母方は米国配合でスピードとパワーに長けた印象
 

ブラックムーン

父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
ジェネラス×リヴリアの母方は欧州配合
ジェネラスがノーザンダンサー系になります
先週みたいな馬場だと厳しいのである程度外伸び馬場でようやくチャンス到来か
 

リスグラシュー

父はハーツクライでトニービン内包のサンデー系種牡馬
American Post×Miller’s Mateの母方は欧州配合
父含めてかなりスタミナに長けた血統構成になってる馬
先週みたいな馬場で前走のように外枠では厳しいので同様馬場であるなら内枠は欲しい
オークス5着、エリザベス女王杯8着
このG12度の凡走は前走G1で人気以上に走った後での臨戦
今回もヴィクトリアマイルからのG1からG1の臨戦ですが前走1番人気2着
ここまでは基本的に前哨戦で程よく負けてアップ戦で走ってくるという成績を辿っているので
前走は前哨戦という訳ではないものの
牝馬G1→牡馬混合G1ならアップ戦と捉えてもいいのでここは良いタイミングの部類でしょう
ただ血統からはさほど推し材料はないので印の落としどころに悩みそう
 

サングレーザー

前走マイラーズC4番人気1着で前走頑張ってしまったディープインパクト産駒
16年ダノンシャーク、14年ワールドエース
まさにこのディープ産駒2頭がマイラーズCを人気以上に頑張ってしまい安田記念で凡走
母父Deputy Ministerが米国型ノーザンダンサー系
その奥のLord Avie~Exuberant含めて馬力とスピード持続力に長けた配合
昨年のマイルCSは初G1と2走前条件戦という鮮度プラス勢いで3着と好走
今回もそれ以来のG1ですしまだ鮮度と勢いも前走で付けてきた
だから悪くないんでしょうが・・やはり前走で頑張ってしまったのがどうか!?
 

ウインガニオン

父ステイゴールドはスタミナ寄りのサンデー系種牡馬
ステイゴールド産駒の芝重賞は間隔を詰めた時よりも開けた臨戦のほうが数字は良い
しかしこの馬は間隔を詰めても走れる馬で昨年一昨年と温くなって調子を上げる馬
そう考えたら前走先行競馬で0.3秒差はまあ納得させられる
母方はノーザンダンサー系配合で母父ポリッシュネイビーがダンチヒ系
ポテンシャルが足りるか!?ですが逃げてどこまで
 

最後に注目馬と一言

 
アエロリット
ウエスタンエクスプレス
サトノアレス
ヒーズインラブ
モズアスコット
リアルスティール

血統的に気になるのはこの6頭
いずれもが父か母父にノーザンダンサー系の血を持つ馬になりますね
 
 
そしてこの血統評価記事から注目したい馬は→リアルスティール
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ユニコーンステークス2018 出走予定馬と展望

  2. シルクロードステークス2018 出走予定馬と展望

  3. クイーンエリザベスⅡ世カップ 2018 予想

  4. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに…

  5. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望

  6. 札幌2歳ステークス2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る