menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  6. 愛知杯 2018 予想
  7. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  8. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  9. 京都大賞典2016 予想
  10. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
閉じる
閉じる
  1. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  2. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  3. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  4. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  5. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  6. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  7. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  9. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
  10. 京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想 本命はゴールドサーベラス…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

安田記念2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京競馬メインレースは安田記念2018

安田記念は芝1600mで行われる古馬G1レースでありまして
6週続いた東京競馬場でのG1シリーズのいよいよ最終戦となります
まさに上半期のマイル王決定戦という位置付けられているレース

過去5年の勝ち馬の顔触れは
サトノアラジン、ロゴタイプ、モーリス、ジャスタウェイ、ロードカナロア
昨年はサトノアラジンがG17度目のチャレンジで初G1制覇を成し遂げました

そしてこのレースは波乱傾向
昨年も7→8→3番人気の決着でしたし12年~15年は必ず単勝2ケタ人気馬が馬券に
人気馬から人気薄まで幅広い目配りが必要になってきそうです

最注目馬は前走大阪杯でようやく初G1制覇を果たしたスワーヴリチャード
マイル重賞自体初挑戦となるこの馬が人気を背負ってどんな競馬を見せるのか!?

スワーヴリチャードに加えて主な出走予定馬は
ペルシアンナイト、サングレーザー、リスグラシュー、リアルスティール、アエロリット等が登録
 
 
※先日まで受け付けていたアンケートの結果が出たので報告しておきます

「結果を見る」ボタンを押せば詳細が見れます

沢山の方々に投票していただきまして有難うございました

どうしてもモチベーションが下がりこれから来る夏場に向けて
参考にさせて貰おうという事で設けたんですがなかなか興味深い結果に
正直もう少し平日見られているかな?と思ってましたが(笑)
結構週末のみというのも多かったですね^^

でもこれで高校野球にあまり現を抜かす事無く頑張ろうと決意させられました
加えて強制ではなかったにせよ沢山のコメントまでしてもらい感謝しかありません
このコメントもこれは夏場に限らず今週から頑張れる源になります!
 

出走予定馬と血統表

 

これが安田記念2018出走予定馬19頭の3代血統表(フルゲートは18頭)

モズアスコットのみ除外対象になっております
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年における安田記念1~3着馬の父と母父が分かるもの
(直近だと14年が不良馬場だったのでこれは参考外で)
 
 
17年7番人気1着 サトノアラジン(母父)
17年8番人気2着 ロゴタイプ(父)
16年6番人気3着 フィエロ(母父)
15年12番人気3着 クラレント(母父)
13年3番人気2着 ショウナンマイティ(母父)
13年12番人気3着 ダノンシャーク(母父)

人気より着順が上だった馬の特徴はと言うと(過去5年)
父か母父がノーザンダンサー系つまりノーザンダンサーの血が前面に出た馬が好相性
(15年3番人気2着ヴァンセンヌのみ該当せず)
血統的にあまり偏りが見られない中で最もこれが偏りがあると言っていい傾向

サトノアラジン(前走1番人気9着)
フィエロ(前走1番人気4着)
ヴァンセンヌ(前走2番人気2着)
ダノンシャーク(前走3番人気3着)

上で挙げた馬の内4頭がディープインパクト産駒
そしていずれもが前走で頑張り過ぎてないというのもポイントになるかもしれません
 

マイルG1数あれど安田記念は非サンデー系種牡馬が最も狙えるレース

 
昨年の2.3着馬そして一昨年はワンツーフィニッシュ
このレースで頑張りが目立つのは非サンデー系種牡馬

サンデー系種牡馬には斬れ=瞬発力では劣るものの
スピードやパワーやスタミナが秀でてるのが非サンデー系種牡馬
 
 
実際に安田記念での非サンデー系種牡馬の成績は(過去5年)
【3.3.1.20】 勝率11.1% 連対率22.2% 複勝率25.9%

え!?そんなに大した事ないんちゃうの?とお思いでしょうが・・・
安田記念と同じマイルG1の非サンデー系種牡馬と比較してみると

NHKマイルC【2.3.3.37】 勝率4.4% 連対率11.1% 複勝率17.8%
桜花賞【2.0.3.31】 勝率5.6% 連対率5.6% 複勝率13.9%
ヴィクトリアM【0.2.0.25】 勝率0% 連対率7.4% 複勝率7.4%
阪神JF【1.2.0.33】 勝率2.8% 連対率8.3% 複勝率8.3%
マイルCS【2.1.0.21】 勝率8.3% 連対率12.5% 複勝率12.5%
朝日杯FS【1.2.3.27】 勝率3.0% 連対率9.1% 複勝率18.2%

明らかにマイルG1の中では突出して良い成績であるという事が分かりますね

安田記念に関しては
ロゴタイプ
レッドファルクス
モーリス(16年)
グランプリボス
ロードカナロア

G1勝ち馬ばかり馬券になってるというのも大きな特徴(過去5年では15年モーリスのみ非該当)

とりえあず非サンデー系種牡馬に関しては
普段のレースよりは走れそうであるのとG1勝ち馬に注目
とだけでも頭の片隅に記憶させておいてもよさそう
 

現時点で注目してる馬は?

 
まだまだ明確なものが描けてませんが
人気になるであろう2頭(スワーヴリチャード&ペルシアンナイト)
この各種牡馬が総体的に短縮臨戦が苦手である
これがまず一つポイントになってくるのかなと
 
 
取り敢えず現時点で最も注目してる馬は⇒サトノアレス&アエロリット

2頭をピックアップしておきます

前者は強くはないかもしれない(笑)でも一応格は持ってますし鮮度もある
父も当レースで実績上げてますし(一連の東京G1で散々嫌ってたくせに.笑)
ノーザンダンサーも前面に出てるし母母父の系統も悪くない

後者これはG1実績馬でノーザンダンサー系の血が前面に出てる馬
ダービーみたいな馬場が継続するなら前走よりは好転しそう
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 七夕賞 2018 予想 マイネルフロストの久々となる重賞制覇に期…

  2. スプリングステークス 2018 予想 鞍上デムーロのルーカス本命…

  3. フェブラリーステークス 2018 血統評価

  4. 七夕賞2018 出走予定馬と展望

  5. 小倉2歳ステークス2018 出走予定馬と展望

  6. きさらぎ賞 2018 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る