menu
閉じる
  1. 秋華賞2016 予想
  2. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  3. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  4. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 府中牝馬ステークス2016 予想
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  9. 有馬記念2015 予想
  10. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  2. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  3. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  4. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  5. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  6. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  7. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  9. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
  10. 京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想 本命はゴールドサーベラス…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

安田記念 2018 予想 本命はリアルスティール

 
6月3日(日)東京競馬場で行われる安田記念2018の予想です

安田記念は芝1600mで行われる古馬G1レースでありまして
6週続いた東京競馬場でのG1シリーズのいよいよ最終戦となります
まさに上半期のマイル王決定戦という位置付けられているレース

過去5年の勝ち馬の顔触れは
サトノアラジン、ロゴタイプ、モーリス、ジャスタウェイ、ロードカナロア
昨年はサトノアラジンがG17度目のチャレンジで初G1制覇を成し遂げました

そしてこのレースは波乱傾向
昨年も7→8→3番人気の決着でしたし12年~15年は必ず単勝2ケタ人気馬が馬券に
人気馬から人気薄まで幅広い目配りが必要になってきそうです

1番人気は予想通り前走大阪杯でようやく初G1制覇を果たしたスワーヴリチャード
マイル重賞自体初挑戦となるこの馬が人気を背負ってどんな競馬を見せるのか!?

以下、ペルシアンナイト、サングレーザー、リスグラシュー、リアルスティールという人気順に

そんな安田記念2018の発走時刻は15:40になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における安田記念1~3着馬の父と母父が分かるもの
(直近だと14年が不良馬場だったのでこれは参考外で)
 
 
17年7番人気1着 サトノアラジン(母父)
17年8番人気2着 ロゴタイプ(父)
16年6番人気3着 フィエロ(母父)
15年12番人気3着 クラレント(母父)
13年3番人気2着 ショウナンマイティ(母父)
13年12番人気3着 ダノンシャーク(母父)

人気より着順が上だった馬の特徴はと言うと(過去5年)
父か母父がノーザンダンサー系つまりノーザンダンサーの血が前面に出た馬が好相性
(15年3番人気2着ヴァンセンヌのみ該当せず)
血統的にあまり偏りが見られない中で最もこれが偏りがあると言っていい傾向

サトノアラジン(前走1番人気9着)
フィエロ(前走1番人気4着)
ヴァンセンヌ(前走2番人気2着)
ダノンシャーク(前走3番人気3着)

上で挙げた馬の内4頭がディープインパクト産駒
そしていずれもが前走で頑張り過ぎてないというのもポイントになるかもしれません
 

マイルG1数あれど安田記念は非サンデー系種牡馬が最も狙えるレース

 
昨年の2.3着馬そして一昨年はワンツーフィニッシュ
このレースで頑張りが目立つのは非サンデー系種牡馬

サンデー系種牡馬には斬れ=瞬発力では劣るものの
スピードやパワーやスタミナが秀でてるのが非サンデー系種牡馬
 
 
実際に安田記念での非サンデー系種牡馬の成績は(過去5年)
【3.3.1.20】 勝率11.1% 連対率22.2% 複勝率25.9%

え!?そんなに大した事ないんちゃうの?とお思いでしょうが・・・
安田記念と同じマイルG1の非サンデー系種牡馬と比較してみると

NHKマイルC【2.3.3.37】 勝率4.4% 連対率11.1% 複勝率17.8%
桜花賞【2.0.3.31】 勝率5.6% 連対率5.6% 複勝率13.9%
ヴィクトリアM【0.2.0.25】 勝率0% 連対率7.4% 複勝率7.4%
阪神JF【1.2.0.33】 勝率2.8% 連対率8.3% 複勝率8.3%
マイルCS【2.1.0.21】 勝率8.3% 連対率12.5% 複勝率12.5%
朝日杯FS【1.2.3.27】 勝率3.0% 連対率9.1% 複勝率18.2%

明らかにマイルG1の中では突出して良い成績であるという事が分かりますね

安田記念に関しては
ロゴタイプ
レッドファルクス
モーリス(16年)
グランプリボス
ロードカナロア

G1勝ち馬ばかり馬券になってるというのも大きな特徴(過去5年では15年モーリスのみ非該当)

とりえあず非サンデー系種牡馬に関しては
普段のレースよりは走れそうであるのとG1勝ち馬に注目
とだけでも頭の片隅に記憶させておいてもよさそう
 

安田記念2018の予想

 
予想に入る前に。。週中に例の如く出走全馬血統評価をやりました
ここで触れる事が出来なかった馬で確認したい馬がいればこちらからどうぞ


 
 
このレースですが・・競馬をやり始めた94年からかれこれ約25年
当たった事が一度もありません!!

予想はいつも通り一生懸命に取り組みましたが
この一連の東京G1シリーズでdisりまくったあの産駒が上位評価に
こういう時は得てして裏目に出るものですしまたハズレてしまうんでしょうが・・

でも安田記念は数ある重賞の中で是が非でも当てたいレース
まあ静かに見守ってやって下さい(笑)
 
 
 
◎はリアルスティールにしました
前走ドバイターフ1番人気3着で前走頑張り過ぎてないディープインパクト産駒に該当
16年の安田記念はドバイターフを頑張った後の臨戦で11着
このドバイターフの結果を少し落ちたとみるかどうか!?ですが・・
臨戦的には同じドバイターフからでも今年のほうがいいように思えます
Storm Cat×Mr. Prospectorの母方は米国配合でスピード特化なされていて
母父Storm Catがノーザンダンサー系
そしてキングカメハメハの母で欧州名マイラーだったMiesqueを3代母に持つ
基本的にディープインパクト×Storm Catの配合馬は
古馬になるにつれ1400m~1800mに良績が集中し短縮臨戦も悪くない
そして17年毎日王冠後の秋天、16年秋天後のジャパンC、この内容が共に評価出来るかと
ディープインパクト×Storm Catは間隔を詰めた臨戦の際の延長臨戦の成績が芳しくない
そんなデータがある中でのものでしたからね
17年中山記念8着が説明し辛いけどこれは前年の秋天→JCの蓄積疲労で片付けれないか?
そしたら近走安定してるどころか負けてても力は見せてるとは思いますし
まだマイルも2戦目なんで
 
 
○はサトノアレス
前走京王杯SC2番人気3着で前走頑張り過ぎてないディープインパクト産駒に該当
Danehill×Artichokeの母方はスピード特化配合
母父Danehillがダンチヒ系でノーザンダンサー系
さほど強いとは思わないので◎までは推し辛かったですが人気以上に走る条件が整った血統構成馬
G1は朝日杯FS以来なんで鮮度的にはこのメンバーの中でもある方の部類
道悪だった富士Sと函館記念以外は全て上がり3位以内でディープらしい末脚が持ち味
 
 
馬券的には◎○のダブル本命的な買い方でいってみます
 
 
▲はヒーズインラブ
父の系統は安田記念で走れる系統に属してるほうだと思いますし
前走こそ詰まった間隔で走りましたが
総体的にこの産駒牡馬に関しては間隔を開けての臨戦が重賞では好走例が多し
今回前走から間隔を開けての臨戦は好感
しかもその前走は過去全く当レースとの繋がりがないレースでしたが
改装した事により結果が出ている臨戦になりました
1000万→1600万、1600万→重賞
アップ戦で連勝してきてるのと馬込みで辛抱出来る馬でもあるのでここでも期待したくなります
母方は米国配合でスピードとパワーに長けた印象
 
 
リスグラシューは父ハーツクライでトニービン内包のサンデー系種牡馬
American Post×Miller’s Mateの母方は欧州配合
父含めてかなりスタミナに長けた血統構成になってる馬
血統からはさほど推し材料はないのでこの印の落とし込みに
正直この枠は痛恨で内枠が欲しいところでした
オークス5着、エリザベス女王杯8着
このG12度の凡走は前走G1で人気以上に走った後での臨戦
今回もヴィクトリアマイルからのG1からG1の臨戦ですが前走1番人気2着
ここまでは基本的に前哨戦で程よく負けてアップ戦で走ってくるという成績を辿っているので
前走は前哨戦という訳ではないものの
牝馬G1→牡馬混合G1ならアップ戦と捉えてもいいのでここは良いタイミングの部類でしょう
従って△という評価になりましたが如何に!?
 
 
×印は非サンデー系種牡馬をチョイス
 
 
×アエロリットは父クロフネがヴァイスリージェント系で米国型ノーザンダンサー系
非サンデー系種牡馬でG1勝ち馬(NHKマイルカップ)
前走ヴィクトリアマイル含めた3度のG1凡走は前走で人気より着順が上で連対からの臨戦
そういった意味では今回頑張らなかった後という臨戦はいいのかもしれない
そしてその3度の凡走は全て湿った馬場でのもの
母父がサンデー系でもパワー有るネオユニヴァースにクロフネ
パワー配合っぽいなら走っていいとも言えるんでしょうが・・
結局のところ近親であるミッキーアイルやラッキーライラック
加えて父クロフネが前面に出てて良のスピード勝負向きならば凡走の言い訳は成り立つ
母父ネオユニヴァースは先週コズミックフォースが同じ母父で3着に激走
中途半端に番手で控える位なら逃げたほうがチャンスはありそう
 
 
×ウエスタンエクスプレスの父Encosta De Lagoはフェアリーキングの系統で欧州ノーザンダンサー系種牡馬
主な産駒には同レースに出走するキャンベルジュニア
そしてスプリンターズS勝ち馬であるウルトラファンタジー
こう考えると日本適性というのはあると言ってもいいでしょうか
母父Maraudingもキャンベルジュニアの母母父と同じですから尚更
17年香港マイル、18年チャンピオンズマイル
G1共に2着もいずれもがG2からのアップ戦でのもの
2走前も3走前からアップ戦で頭数増えて内から間を割っての2着
この内容だけなら強い相手や厳しい競馬のほうがやれるタイプなのかもしれない
どうせ外国馬という事で人気はないでしょうから端っこに押さえておいてもいい馬
 
 
×レッドファルクスの父スウェプトオーヴァーボードはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
非サンデー系種牡馬でG1勝ち馬(高松宮記念)
サンデー×Affirmedの母方を加味すれば米国型が強めのスピード特化配合
今年に入ってからの過去2戦は付いていけてないという事はないものの
これまでよりは位置取りが後ろになってますね(共に上がり1位)
そう考えると前走1200mからの延長臨戦は良いのかもしれない
前走高松宮記念はデムーロにしては珍しく直線で右往左往してましたし
昨年3着時よりリズムが悪いのも事実でありますが
前走間隔が詰まった臨戦→今回間隔が開いた臨戦はいいと思ったので押さえに
 

予想印と買い目

 
リアルスティール
○サトノアレス
▲ヒーズインラブ
△リスグラシュー
×アエロリット
×ウエスタンエクスプレス
×レッドファルクス

買い目は
◎の単
◎○ー○▲△×××の馬連
▲ー◎○△のワイド
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. きさらぎ賞2018 出走予定馬と展望

  2. 桜花賞 2018 予想 リリーノーブル本命で相手絞って勝負

  3. 日経賞 2018 予想 穴馬チェスナットコート狙い撃ち

  4. 七夕賞2018 出走予定馬と展望

  5. 新潟大賞典 2018 予想 久々ステイインシアトルの激走に期待

  6. 平安ステークス 2018 予想 素直に?テイエムジンソク本命

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る