menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. ホープフルステークス2016 予想
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  6. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  7. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  8. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  9. 京都大賞典2016 予想
  10. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  2. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  3. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  4. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  5. 種牡馬メモについて
  6. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  7. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  8. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  9. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

弥生賞2016 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜中山メインは弥生賞2016
 
 
リオンディーズ、エアスピネル、マカヒキ、タイセイサミット他計13頭が出走予定
 
 
【弥生賞2016出走予定馬と血統表】
弥生賞2016出走予定馬
全馬出走可能になっております
 
 
弥生賞の出走予定馬を見ての第一印象は「3頭で決まってしまうんちゃう!?」
 
その3頭とは・・エアスピネルマカヒキリオンディーズ
 
先日の中山記念はキングカメハメハ→ディープインパクト→ディープインパクトの決着でしたが
昨年夏の路盤改修後だと中山重賞はこの2種牡馬が改修前より明らかに走るようになってます
 
3頭の父はそれぞれ
 
エアスピネル・リオンディーズ(キングカメハメハ)
マカヒキ(ディープインパクト)
 
これが3頭で決まってしまうのでは?という理由ですね
 
 
あと弥生賞の血統傾向ですが
近年ではパワーの血が強調されてる馬の活躍が結構目立っております
 
昨年の1・2着馬が母方がミスプロ系配合だったり
13年に穴を開けたミヤジタイガも母方がパワー配合
12年なんかは湿った馬場だったとはいえ
ロージズインメイ→クロフネというパワー型種牡馬での決着でありました
 
 
エアスピネル
ケンホファヴァルト
タイセイサミット
マカヒキ
リオンディーズ
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの5頭
 
 
この中で最も注目してるのがマカヒキ 
 
母父フレンチデピュティがパワー型血統
新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
かつてこんな記事を書いたんですがとにかく母父フレンチデピュティの牡馬は早熟傾向
ディープ×フレンチの同配合馬カミノタサハラもこのレースで勝ってますし
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. CBC賞2016 出走予定馬と展望

  2. エルフィンステークス2016 予想

  3. 桜花賞2016 開催傾向と直結の血統データ

  4. ラジオNIKKEI賞2016 出走予定馬と展望

  5. 大阪スポーツ杯2016 予想

  6. 大阪杯2016 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る