menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  3. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  4. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  5. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  6. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  7. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  8. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  9. エプソムカップ2016 予想
  10. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
閉じる
閉じる
  1. 北九州記念2017 出走予定馬と展望
  2. ブリーダーズゴールドカップ 2017 予想
  3. サマーチャンピオン 2017 予想
  4. 札幌記念2017 出走予定馬と展望
  5. クラスターカップ 2017 予想 人気馬中心ですが3頭目に穴馬をチョイ…
  6. 関屋記念2017 出走予定馬と展望
  7. 小倉記念 2017 予想
  8. レパードステークス 2017 予想
  9. 小倉記念2017 出走予定馬と展望
  10. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴も持た…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

淀短距離ステークス2017 予想

 
1月7日(土)京都競馬場芝1200mで行われる淀短距離ステークス2017の予想です
 
 
淀短距離ステークスは今月末に行われるシルクロードステークスの前哨戦といった位置付け
歴史的にはオープンながら冬の伝統的なレースであるんですよね~この淀短距離ステークスは
 
ローレルベローチェ
アンバルブライベン
レディオブオペラ
メイショウデイム
エーシンダックマン
 
調べてみるとここ5年連続で淀短距離ステークスで連対した馬が次シルクロードステークスで馬券に
やはり普通に繋がっていると捉えて良さそうですよ
 
そんな淀短距離ステークス2017の発走時刻は15:45になっております
 

淀短距離ステークス2017の見解

 
ノーザンダンサー系テスコボーイ系ミスプロ系
レース傾向からして種牡馬で目に付くのはこの3系統
 
テスコボーイは母方に入ってる馬も注目したいですね!やはりスピード持続力に長けた血ですし
ノーザンダンサーとミスプロに関してもですが母父に持ってても好走率は高め
ノーザンダンサーはやや欧州寄りのほうが尚ベスト
 

淀短距離ステークス2017の予想

 
◎はトータルヒートにしました
父はStreet Cryでミスプロ系種牡馬で母父Unusual Heatがノーザンダンサー系
このUnusual Heatはヌレイエフ系で欧州寄りになるんですが
11年・13年と馬券になったアイラブリリの父ストラヴィンスキーがヌレイエフ系
12年勝ち馬エーシンダックマンも母父がヌレイエフ系でしたし
あとちょこちょこ馬券になってるKingmamboの血もヌレイエフ内包してますね
 
○はトウショウピスト
父ヨハネスブルグがノーザンダンサー系種牡馬で母父サクラバクシンオーがテスコボーイ系
前走久々に逃げて激走後だけに連チャンがあるかどうか?
 
▲はオウノミチ
父も母父も好走血統は持ってはいないんですが
父アドマイヤマックスがノーザンテーストとボールドルーラー内包
母母父もノーザンテーストなんで配合的にはスピード持続力に特化されてそう
前走は重馬場でしたし良馬場替わりでダウン戦でこの人気なら面白そう
 

淀短距離ステークス2017の予想印と買い目

 
トータルヒート
○トウショウピスト
▲オウノミチ
△ローレルベローチェ
△ヒルノデイバロー
△ラインスピリット
△シンボリディスコ
△セカンドテーブル
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△△△△△の馬連
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 毎日杯2017 出走予定馬と展望

  2. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴…

  3. 共同通信杯2017 予想

  4. フィリーズレビュー2017 予想

  5. 京都金杯2017 出走予定馬と展望

  6. かきつばた記念2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る