menu
閉じる
  1. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  2. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  3. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  4. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  5. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  6. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
  2. 中京記念 2018 予想 本命はロジクライ
  3. 中京記念2018 出走予定馬と展望
  4. 【重賞結果】函館記念2018&BAOO岩美にいってきました
  5. 函館記念 2018 予想 本命はエアアンセム
  6. 函館記念2018 出走予定馬と展望
  7. 【重賞結果】七夕賞2018&プロキオンステークス2018
  8. プロキオンステークス 2018 予想 キングズガードの連覇に期待
  9. 七夕賞 2018 予想 マイネルフロストの久々となる重賞制覇に期待
  10. 道悪濃厚な豊明Sに五稜郭Sなど2018年7月7日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

オークス2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京競馬メインレースはオークス2018

オークスは芝2400mで行われる3歳牝馬限定のレースでありまして牝馬クラシック第2戦
実はオークスという名は副称でありまして優駿牝馬(オークス)と表記される所も
今年で第79回を迎える事になりました

過去5年の勝ち馬は
ソウルスターリング、シンハライト、ミッキークイーン、ヌーヴォレコルト、メイショウマンボ
12年ジェンティルドンナを最後に桜花賞→オークスの2冠馬は誕生しておりません
ソウルスターリングとシンハライトは1番人気での勝利
その他の年も過去5年に限れば全て3着以内に入っているので近年は比較的に堅めの決着に

今年は2強プラスワンといった構図が濃厚
1番人気に推されるのは2冠を目指すアーモンドアイになるでしょう
2番人気は2歳女王で王座奪還を狙うラッキーライラック
この桜花賞1.2着馬がそのまま2強になりそう
プラスワンとしては前走フローラSを勝ったサトノワルキューレがどこまで2強に迫れるか?

その他、主な出走予定馬は
リリーノーブル、マウレア、オールフォーラヴ、カンタービレ、ランドネ等が登録
 

出走予定馬と血統表

 

これがオークス2018出走予定馬20頭の3代血統表(フルゲートは18頭)

スカーレットカラーがフレグモーネで出走回避の見込み

ウインラナキラ
ウスベニノキミ
ゴージャスランチ
シスターフラッグ
現時点では残り3頭の出走枠を賭けてこの4頭が抽選対象馬になっております
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるオークス1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
ずっとサンデー系種牡馬が優勢でありましたが
昨年はノーザンダンサー系種牡馬つまり非サンデー系種牡馬で久々のワンツーフィニッシュ
ちょっと潮目が変わってくるかもしれませんが・・

さあいつも通り人気より着順が上だった馬を見ていきましょう!

17年6番人気2着 モズカッチャン(父ハービンジャー)
16年5番人気3着 ビッシュ(母方Acatenango×Bering)
15年3番人気1着 ミッキークイーン(母父Gold Away)
15年6番人気3着 クルミナル(母父Candy Stripes)
14年2番人気1着 ヌーヴォレコルト(母父スピニングワールド)

特徴としては欧州血統が前面に出た馬が走ってるという印象がします
メイショウマンボも母父グラスワンダーの父Silver Hawkがロベルトで欧州でしたし
エバーブロッサムの母父デインヒルもダンチヒ系でしたが欧州で一大血脈を築きましたしね

全馬ほぼ未知の距離となる2400mのオークス
同じ距離で行われる来週の日本ダービーよりも牝馬限定ながら欧州血統が問われやすい傾向かと

そしてこれらの馬の並びを見ると別路線組(非桜花賞組)が目立ちますかね
 
 
データ的には逃げ・先行馬が圧倒的に奮わないのが特徴で差し・追い込み有利な傾向
過去5年だと逃げ・先行馬は【1.1.0.16】で
馬券になったのはソウルスターリングとルージュバックの1番人気馬のみ

そして相性が圧倒的に良い前走桜花賞で4角4番手以内だった馬は【1.1.0.42】(07年以降)
このレースにおいては前向きさ・・
特に桜花賞で前向きさを見せた馬は距離延長でそれが足枷になるのかもしれません
 

懲りずにディープインパクト産駒って東京2000m超えでどうよ!?

 
NHKマイルカップの予想記事でディープインパクト産駒についてこんな事を書きました。それは・・

長い直線で斬れを活かすというのは今や昔!?
実は重賞成績は近年だと東京での複勝率はまずまずも勝率・連対率は中山より悪し
まさにこれは今年のフローラSと青葉賞の結果が説得力を増してくれますと

そして京都の数字も悪くなってますし
逆に中山の数字が良くなってるのと阪神の成績が変わらないというのが浮かび上がってくると

推測ですがこれはディープインパクト産駒にパワータイプが増えてきた証明とも言える

で!!!!!!

その後のNHKマイルカップではワンツーフィニッシュを決められ
先日のヴィクトリアマイルでも人気薄が1.3着し京王杯SCでもサトノアレスが3着に
もう何だかやるせないというか小っ恥ずかしいという状態で(笑)

ただこれだけで手の平返してオークスで7頭出走しているディープに擦り寄るのも何だかシャク(笑)

だから今度は距離別で調べてみようかと
 
 

まずこれはディープ産駒の東京芝重賞における距離別成績(デビュー~15年まで)


そしてこれがディープ産駒の東京芝重賞における距離別成績(16年以降)
 
 
よく見てみると目の錯覚かもしれませんが
1800m以下はさほど変わらないのに対し2000m以上が勝率&連対率が近年悪くなってませんか!?

これなら強引にNHKマイルカップとヴィクトリアマイルは納得がいくんですが(笑)
 

現時点で注目してる馬は?

 
詳しい事は後日の血統評価記事で述べたいとは思いますが
まず人気が予想される桜花賞馬アーモンドアイは高評価する予定
大穴馬は抽選対象馬の中に狙いたい馬が居るので何とか抽選突破してもらいたい
 
 
そして現時点で最も注目してる馬は→サトノワルキューレ

オイ!メンク!矛盾しとるやないか!?(笑)そう矛盾してますとも
父は当レースで複数実績を重ねてる種牡馬ですし
母父は実は当レースでかなり相性良い系統
母父の父は米国型ですが母父自身は欧州で活躍しておりLuthier~Carvinという欧州の血を内包
母母父も欧州血統ですし別路線組ですから期待出来るのではないかと
色々と覆して前走勝ってる訳ですからこれは評価すべきと考えてます
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都記念 2018 予想

  2. シルクロードステークス2018 出走予定馬と展望

  3. 弥生賞 2018 予想

  4. 川崎記念 2018 予想

  5. 日本ダービー 2018 予想 平成最後のダービーはゴーフォザサミ…

  6. 函館記念 2018 予想 本命はエアアンセム

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る