menu
閉じる
  1. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  2. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  3. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  6. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  7. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  8. 京都大賞典2016 予想
  9. 京都大賞典 2017 予想
  10. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  2. 日経新春杯 2018 予想
  3. 京成杯 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  6. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  7. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  8. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  9. 中山金杯 2018 予想
  10. 京都金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

全日本2歳優駿2016 予想

 
12月14日(水)川崎競馬場ダート1600mで行われる全日本2歳優駿2016の予想です
 
 
全日本2歳優駿は名実共に日本の2歳ダート最強馬決定戦として位置付けされているレース
過去の全日本2歳優駿の勝ち馬を見るとJRA勢で決して絶対という訳でもなく
3~4年周期くらいで地方所属馬が勝ってますね
 
今年は前走エーデルワイス賞圧勝のリエノテソーロこのJRA馬が圧倒的人気を集めそうですが
その他の馬を見れば実績ある地方馬も居るので混戦の香りも
 
地方馬なら前走兵庫ジュニアグランプリ1・3着馬のローズジュレップとバリスコア
JRA馬ならハングリーベン、ネコワールド、メイソンジュニアあたりか
 
そんな全日本2歳優駿2016の発走時刻は20:10になっております
 

全日本2歳優駿2016の見解

 
ネヴァーベンドトニービンといった欧州ナスルーラの血がよく馬券に
 
そして勝ち切ってるのはダンチヒの血が入った馬
 
エーピーインディ系種牡馬がが2年連続馬券になってるのも特徴的
 
基本的に臨戦は延長より同距離または短縮のほうが走ってると思います
 

全日本2歳優駿2016の予想

 
◎はハングリーベンにしました
父ベーカバドがダンチヒ系種牡馬
このベーカバドの成績を見ると外枠(6.7.8枠)の成績が内に比べるとかなり良いんです
よってこの8枠は大いにプラス材料ではないかと
 
○ネコワールドは母母父クリスタルグリツターズがレッドゴッド系で欧州ナスルーラ
延長臨戦でもう少し溜めが利けば・・
 
▲はストーンリバー
上で挙げた血こそ持ってませんがトニービン系種牡馬いわゆる欧州型種牡馬が過去馬券に
そうなれば父が欧州型のホワイトマズルが活きやしないかと
出走馬中数少ない短縮臨戦馬でもありますし
 
人気のリエノテソーロでありますが前走はダート替わりで圧勝
これは父Speightstownの芝→ダート替わりの成績が抜群に良い傾向だったので頷けます
ただ今回は400m延長の1600m戦
Speightstown産駒は延長臨戦が苦戦気味に加え
距離も1600m以上になるとガクンと成績が落ちる傾向にあり押さえ程度で様子見
 

全日本2歳優駿2016の予想印と買い目

 
ハングリーベン
○ネコワールド
▲ストーンリバー
△リエノテソーロ
△ローズジュレップ
△シゲルコング
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連
◎ー○▲ー▲△△△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. レパードステークス2016 出走予定馬と展望

  2. 宝塚記念2016 出走予定馬と展望

  3. マイルチャンピオンシップ2016 出走予定馬と展望

  4. ヴィクトリアマイル2016 出走予定馬と展望

  5. 有馬記念2016 血統評価その1~キタサンブラック・サトノダイヤ…

  6. 中京記念2016 血統データ~母方に欧州血統を持つ馬に注目

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る